6月10日フィールドワーク

こんにちは。

はじめてブログを更新します、都市計画遺産班新規生の内田です。

好きな食べ物はチョコミントです。よろしくお願いします。

 

今回は、6月10日の藤沢FWについて書かせていただきます。

 まず気になったのはこの2つの階段です。

 撮影場所は391ビルから東に進んだ、OKマートのすこし手前の部分の県道467線の上を通る陸橋です。
 この陸橋から下の467号線に降りる階段が、一見目立たないのですが地元の人々には使われているようです。実際にここで写真を撮っているときにも地元の高校生らしき人が階段を下って行きました。

 左の階段は、朝日生命のビルの植え込みのようにも見えます。ただの階段でなく、緑化の役割も果たしていると思います。

 右の階段はもっと面白くて、まるでビルの従業員専用通路のようです。この仏道具が入るビルが建てられるのと同時に作られたのでしょうが、なにか異質なものを感じました。

 もうひとつ興味を持ったのが、奥田公園です。

 奥田公園は藤沢駅の南口から歩いて5分ほど、イトーヨーカドーの斜向かいにあります。公園は駐車場の上に作られており、その構造が特殊だと思いました。

 FWでは画像左上部の、駐車場の上部分しか見なかったので「遊具のないただの広場」という印象しかなかったのですが、あとになって調べなおしてみるとその広場の奥は地上に降りられるようになっていて、そこは一般的な公園のようにブランコがあったりしてまた印象のちがう場所となっていました。

 またFWに行くときは、こういった奥まで少し踏み込んでみないとわからないものを見落とさないようにしようと思いました。

 それにしてもGoogleマップのストリートビューって便利ですね…。

 私は実家が近いこともあって藤沢には昔からよく来ていたので、地理的な知識や「なんとなく見たことがある」場所は多いのですが、今回のようにFWとしてそれまでと違う目線から見ると意外な発見があって楽しかったです。

 今でも藤沢は定期圏内なので、時間があったら個人的にも新しい視点から街歩きをしてみようと思います。

 

 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 (内田)