新規生と共に藤沢まちあるき

 こんにちは。久しぶりの更新です!無事3年生になりました。都市計画遺産班の吉田です。今回は、中島研に新しく入ってきた新規生と一緒に藤沢まちあるきを行ったので、その報告を行いたいと思います。

 まず歩いたのは、391ビル。ビル内を一通り歩いてみて、迷路性、路地性を感じてもらいました。上の写真が路地性のある店舗。左の写真が中二階へと続く階段です。写真ではなかなか分かりませんが、歩いてみると複雑で、結構迷います。

 ビルを探索した後は、ファミリー通りを通ってイトーヨーカドーの方まで歩き、それから一旦駅の方へ戻って391ビルよりも西にある住宅街に行きました。右の写真は上からみると八角形の形になっている教会です。やはり商店街の方と比べると静かでしたが、駅前ということもあり、面白いお店や居酒屋がたくさんありました。

 今回は新規生に藤沢のまちを紹介する目的でまちあるきをしましたが、私にとっても新たな発見がありました。先学期は391ビルを中心に研究を行ってきましたが、市街地の方にも面白い資源がたくさんあることが分かりました。今後の研究にぜひ生かしたいと思います。
 また、都市計画遺産班は今年も5月24日(土)、25日(日)に開催されるふじさわ産業フェスタに参加します!今回は藤沢391を中心とした藤沢市の歴史について展示する予定です。よろしければぜひお越しください。
 以下、まちあるき途中で撮った写真です。